Interview 先輩社員インタビュー

最先端の分野における「開発」は、会社の成長を支え、社会に貢献できる。

先端材料開発一部
砂道

PROFILE
2014年入社
物質化学類 応用化学コース
電気化学専攻

ここまでできるのかと驚くほど、開発者として経験が積める。

学生時代は“レジスト”という名前すら知りませんでしたが、新しいことに挑戦してみたいとこの世界に飛び込みました。現在は、パソコンなどのメモリーに使われる「3D-NAND向け厚膜レジスト」の開発に携わっています。開発というとラボにこもって黙々と研究するというイメージでしたが、TOKでは材料の手配から始まり、組成検討、評価、製造、出荷、技術営業と上流から下流まですべてに関わることができます。他社で同じ開発をしている友だちからも「そこまでやらせてもらえるの!?」と驚かれるほどです。
レジストの開発に使う評価装置は大学で扱ったことがなく、初めは苦労しました。プログラミングで実験条件を設定するのも、評価結果を解析するのも難解で、とにかく体で覚えようと時間を見つけては装置を触っていました。自ら積極的に学ぶ姿勢も大事ですが、周りの先輩が優しくサポートしてくれる環境に助けられました。最先端の分野における開発は、会社の成長を担い、そして社会の発展にも貢献します。このことは仕事に対する大きなモチベーションに繋がっています。

「消極的な成功より積極的な失敗をしよう」という上司からの言葉。

入社まもない頃、失敗が多々あったときに、上司から「消極的な成功より積極的な失敗をしよう」と言われ、今でもこの言葉を大切にしています。新規コンセプトを実験・評価するのはTry & Errorの繰り返しですが、思いついたアイデアは積極的に試します。例えば、レジスト周辺材料の開発において、それまで主流であった多元系ポリマーの成分配列を変更してみました。すると、今までより特性が二倍にも向上するという結果が得られました。
もちろん長年レジストを研究している先輩からすると、自分が思いついたことは既に結果が予測できることがあります。無駄になったとしても自分の目で確かめるために試しますし、先輩からは経験がないからこそ斬新なアイデアが見つかるんだと挑戦を後押ししてくれます。自らのアイデアを反映させた開発品を仲間や顧客と議論しながら、より良いものを創出していく。まさに今、自分のやりたかったことが実現できています。

学生様に向けて一言

就職活動は、自分自身を見つめ直し、自分のことを知る貴重な期間です。「納得いくまで考える」「前向きに楽しむ」という姿勢は、社会人になっても重要になります。ぜひTOKで一緒に成長していきましょう!