Interview 先輩社員インタビュー

「営業」として自ら新しい波を起こし、業界の地図をも変えていく。

高密度実装営業部
小泉

PROFILE
2014年入社
理工学研究科
有機デバイス工学専攻

一人で完結できる仕事はない。だから難しくて面白い。

営業は、一人で完結できる仕事がほとんどありません。顧客の要望を聞き、それを達成するために社内の各部署にどう展開していくかが重要です。入社当初は社内に人脈がないため自己紹介から始まり、知識も経験もないなか、顧客がどのような要望をしているのか細かく説明しなければならず苦労の連続でした。国内営業に加えて韓国営業のサポートもしているのですが、現地営業から至急かつ断片的な情報での要望が頻繁にあり、開発や品質保証に依頼をしても状況がわからないので対応できないと言われ、板挟みになって何度も苦しい思いをしました。
これ以降、メールだけでなく電話で話したり、状況によって現地に出向いたりして、まずは営業同士でよく話をしてから丁寧な依頼をするようにしました。相手にわかりやすく伝えることで徐々に信頼が得られるようになり、無理なお願いでも「小泉が言うことなら」と助けてくれる人も出てきて、俄然やる気が出てきました。今はわからなくてもわからないことは聞けばよいと割り切って、積極的に質問するようにしています。それにTOKには兄貴肌でいろいろ教えてくれるアツい人がたくさんいます(笑)。他にも、自分が苦労しているのを察して心配してくれた先輩、普段は厳しいけど実は評価してくれているツンデレ上司など、心の中で「ありがとう」と言いたい人がたくさんいます。

自ら戦略を立て、新たなマーケットを発掘する。

顧客のニーズを聞き、それに見合う材料を提供するだけでなく、市場状況とTOK製品の知識を身に着け、新規マーケットの開拓をしていくことがこれからの目標です。これができるのは営業だけの特権であり、醍醐味だと思います。例えば、新聞などである企業が新規事業を始めたというニュースを見て、現在は液レジストを使っていないが需要が見込めると考え、協力してくれる装置メーカーを探して売り込みに行きました。このように自分の意見が発端となって、会社を動かしたり顧客が評価してくれたりするときに大きなやりがいを感じます。
営業は、既存のやり方にこだわらず、自ら戦略を立てて新たなマーケットを広げ、社内に限らず業界において新しい波を起こすことができます。場合によっては、業界の地図さえ変えることができるのです。結果として数字となって売り上げに繋がるのはもちろんのこと、こういった挑戦ができるのは営業の面白いところだと思います。TOKは一般的にはあまり知られていない会社に見えるかもしれませんが、天井がなくどこまでも成長できる可能性があります。売上高の7〜8割が海外となっている今、自分の手で世界から仕事を取ってきて、会社に利益をもたらせるように技術的知識や語学力を磨いていきたいです。

学生様に向けて一言

1.基本的に仕事はつらい!泣
2.けど、楽しい!
3.やる気と根性があれば大丈夫!