Interview 先輩社員インタビュー

「製造技術」は、品質安定を目指しつつ新技術の開発に挑み続ける。

製造技術部
安部

PROFILE
2014年入社
国際環境工学部
エネルギー循環化学科

多くの部署と関わりながら、製造技術として新しいモノをつくりだす。

私が携わる製造技術部という仕事には、大きな二つの魅力があります。一つは、多くの部署と関わりながら仕事ができること。もう一つは、製造技術として“新しいモノをつくりだす”ことです。製造技術部では、高品質な製品を安定的に生産するうえで重要なQCD(Quality: 品質、Cost: コスト、Delivery: 納期)を軸に、製品の量産化に関わる業務を行っています。開発部門によって設計された開発サンプルが顧客に採用され、量産が見込める段階となってから工場に移管されます。これらすべてのフェーズにおいて製造技術部は関わっています。
安定した品質の製品をつくるには、確立された製造工程や原材料の品質が重要で、工場や検査部など他部署との連携が欠かせません。製造技術部が中心となって、さまざまな部署と一つの大きなゴールを目指すことに非常に魅力を感じています。また、新規の技術や原材料、設備の評価も、高品質な製品を製造するのに必要なことです。新しい技術をどう評価して、どう使っていくかを一から考えるという点では、開発とは異なる“新しいモノをつくりだす”という創造性が求められます。

人との関わりのなかで成長し、さらに自分の世界を広げていきたい。

多くの部署と関わる分、入社当初に新しい原料のサンプル作成でミスをした際には、たくさんの人に迷惑をかけて落ち込むこともありました。けれども、「ひとりで溜め込まないで」と先輩のサポートのおかげで最後までやり遂げることができました。仕事には、人との関わりが大事だなと痛感しました。最近では、新規量産技術を開発するプロジェクトにおいて実験計画を立て、自分で取得した評価結果を報告する機会が多くなり、少しずつ自分の成長を感じています。
今後の目標としては、製造技術で学んだ技術的な知識と人との繋がりを生かして仕事をし、いろいろな人との出会いのなかで自分の世界を広げていきたいです。就職活動をするときに技術系の仕事をするには大学院に進むべきではないかと進路に悩みましたが、TOKには性別や学歴に関係なくやりたいことに挑戦できる環境があり毎日充実しています。

学生様に向けて一言

学生生活にも思い出はたくさんあると思いますが、社会人になってからはそれとは別の楽しみが待っています。人との出会いや責任ある仕事が待っていることを目標に、ぜひ就職活動をがんばってほしいです。