Interview 先輩社員インタビュー

リスクを洗い出し、「法務」が会社を支える。

法務室
塩田

PROFILE
2007年入社
法学部 法律学科

会社の基盤となる、縁の下の力持ちのような存在。

企業法務の仕事は、会社の事業活動に関わるあらゆる法的な業務を取り扱うため、非常に複雑で多岐に亘ります。法務室では、契約書の審査、法律相談、コンプライアンスの推進および株式業務などを行っています。その中で私は、主に契約書の審査・管理および株式業務全般を担当しています。私たちは、開発・営業部門のように基本的にビジネスの前面に出ることはありませんが、黒子となって社内のさまざまな業務をバックアップしています。
法務室の業務の中核となる契約書の審査は、法律の知識だけでなく、契約の相手方に対するアプローチの仕方、英文の読解力や文章力も必要になり、非常に苦労することもありますが、自分が作成した契約案が受け入れられ、自社にとって有利な条件で契約を締結できたときには大きな達成感が得られ、それが次へのモチベーションにつながっています。

多少まわり道であっても、人間味のある仕事を心がけている。

法務室は、社内の相談役のような存在であり、社内の各部署から法令等に関するさまざまな相談を受けます。いわば全社員がクライアントのようなものです。弁護士などの法律家は、合理的で無駄なく仕事を進めますが、私は必ずしもそれが良いとは思いません。多少まわり道になったとしても親身に相手の声に耳を傾け、ときには冗談や雑談を交えコミュニケーションをとりながら相手と同じ目線に立ち、血の通った仕事をしたいと思っています。そして、TOK社員が円滑に仕事を進められるよう、常に“ユーザーフレンドリー”な対応を心がけています。
また、仕事だけにとらわれず、アフター5や休日には家族や友人と過ごすなど、自分なりにしっかりとリフレッシュすることも仕事に取り組むうえで重要な要素になっています。私自身、人との交流の中で学び気づかされることはたくさんあり、その中で刺激を受けて働きながら行政書士などの資格も取得しました。今後は法務の経験や資格を生かしながら、法務以外のさまざまな仕事にも挑戦して、自分の幅をさらに広げていきたいと考えています。

学生様に向けて一言

仕事をする上で重要なポイントは何かを考えてみてください。給与など表面的なことではなく、その会社が自分に"フィット"するかという観点を持って就職活動をしてください。そして、あなたに"フィット"する会社がTOKであり、一緒に仕事ができることを楽しみにしています。