• TOKを知る
  • フォトリソグラフィを探る
  • 研究所を見る
  • 仕事を聞く
  • 会社情報
  • 仕事紹介
  • 開発
  • 品質保証
  • 製造技術
  • 検査
  • 営業
  • 経理

用語集

仕事紹介

開発

顧客の要望を引き出し、提案する行動型の研究開発。

TOKの開発部の仕事は、開発室にこもって研究・実験を繰り返すだけではなく、顧客のもとへ出向き、顧客のニーズを聞き出すことからスタートします。その要望に高いレベルで応えるために、研究体制の構築から、材料開発、顧客へのプレゼンテーション、さらには量産体制への技術サポートまで、意欲と能力があれば幅広い領域の仕事に取り組むことができます。しかも、活躍の場はワールドワイド。アクティブでアグレッシブな技術者集団です。

一覧へ戻る

先輩インタビュー1 最先端がブレイクスルーする瞬間の喜びと誇りを共有しよう。 H.H. ベテラン先輩

H.H.

PROFILE

先端材料開発一部(現所属:製造技術部)
1993年入社
工学部工業化学科卒

趣味

音楽鑑賞(ブリティッシュロック)、ガーデニング、地酒飲み比べ

休日の過ごし方

子供と一緒に市民プールへ。学生時代水泳部だった経験を活かし子供への水泳指導には自信あり。

半導体関連材料、液晶関連材料(先端材料)、太陽電池関連材料、基礎材料、そして特許申請などを担当する知的財産管理で構成される開発部。その中で私は、入社以来一貫して半導体製造分野のレジスト材料の開発と顧客への技術サポートを行っています。具体的には、ベース材料の基礎開発から始まり、レジストの設計、試作サンプルの製造や試作品の信頼性確認などを実施。顧客のエンジニアと直接エンジニア同士の言語でディスカッションし、顧客の様々な技術的な要望に的確に、スピーディーに応えていくのです。
課題をクリアするためには、経験も大切ですが突拍子のないようなアイデアの中にキラリと光るものがあるもの。最先端を開発するということは、ひとつ一つの課題を段階的にクリアするだけではなく、ひとつのアイデアで、数々の課題を一緒に飛び越えるような時もあります。そんな課題を一気にブレイクスルーした時の喜びは最高です。直接、顧客の生の声を聞き、それをより発展させた形で提案し、喜ばれる。ここでは、研究室に籠もっているだけでは得られない開発の醍醐味があります。

個性はいろいろあっていい。
その方が多くのアイデアが生まれるから。

開発部に必要な人材は、画一的なタイプではなく、むしろ多彩な個性。目指すゴールさえ一致していれば、いろんな価値観・アイデアが出てくる個性的なメンバーが揃った方が革新的な開発に結びつくと考えるからです。ただし、最先端の開発だけに、常にスピードとタイミングが非常に重要なファクターになっています。さらに、海外との取引が多いだけに、文化的な価値観の違いに遭遇することも多くあります。そのため、日々の状況、価値観など「変化」への耐性ある人の方が、1歩先んずることができる。成功できると思います。

このページの上へ