• TOKを知る
  • フォトリソグラフィを探る
  • 研究所を見る
  • 仕事を聞く
  • 会社情報
  • 仕事紹介
  • 開発
  • 品質保証
  • 製造技術
  • 検査
  • 営業
  • 経理

用語集

仕事紹介

品質保証

アンカーでありスターター。製品への満足と信頼を継続的に構築。

TOKの製品を納入する際、製品ごとに仕様項目を作成し、品質を保証するのが品質保証部の仕事です。顧客満足を高いレベルでキープするためには、納入後のアフターケアが重要なことはもちろん、そこで拾った顧客からの要望やクレームを製造技術や工場などの現場に伝えること、時には開発に活かしてもらうことも。品質保証部は、製品提供のアンカーであると同時に、さらなる顧客満足へのスターターでもあります。

一覧へ戻る

先輩インタビュー1 高純度、高機能の製品だからこそ品質保証もオーダーメイド。 K.S. ベテラン先輩

K.S.

PROFILE

品質保証部
1992年入社
工学部工業化学科卒

趣味

サッカー、スノーボード、キャンプ

休日の過ごし方

近くの公園でスポーツやサイクリング、自宅でバーベキューなど家族と過ごす時間を大切にしている。

TOKの製品は、すべてが高純度、高機能。特に半導体製造用に使われる製品は、その品質が半導体製造に大きな影響を及ぼすため、1つの製品の品質を保証し、同品質を継続的に提供するためには広範囲で細密なケアが必要です。また同じ製品に対しても、半導体メーカーによって求める品質保証の範囲、レベルが違います。同じ製品でも顧客によって必要とされる“最高品質”が異なるのです。だからこそ、品質保証条件もオーダーメイドで創り上げなければなりません。
さらに、この条件を満たすために、顧客はもちろん、製造技術、工場、検査、開発を含めた社内の各部門と多くの議論を重ね、分析装置でデータを取り、解析。安定した製品提供のための機能設定にまでかかわります。決してクレーム対応だけではないのがTOKの品質保証部。ここは、TOK製品を顧客の満足する領域まで創り上げ、そのレベルの製品を継続的に供給し続けるためのプロセス・仕組みを構築する部門なのです。

オリジナルの意見を持ち、発信してほしい

オーダーメイドの品質保証をするためには、顧客の求める“最高品質”とは何か、その真髄をつかむ“勘”が必要です。顧客は常に“最高レベル”を求めるもの。ただし、的外れな“最高レベル”では顧客に満足してもらえないだけではなく、コストアップにもつながります。顧客との対話の中から、本当に必要な品質領域はどこにあるのかを探り、提案し、納得してもらうことが大切です。そのためにも、まずは情報収集。その中で自分オリジナルの意見を持ち、それを顧客でも社内でも発信できる人材を期待しています。

先輩インタビュー2 品質保証部は顧客と技術現場の「架け橋」。直接の「ありがとう」がうれしい。 H.C. 若手先輩

品質保証部の仕事は大きく3つ。ひとつは納入後の製品に対するクレームも含めた顧客対応、2つめは顧客からの要望を製造現場にフィードバックする社内対応、そしてもうひとつが、製品の納品方法から保証条件までを顧客と製造現場の間に立って、社内外の流れをスムーズにする対応です。つまり、品質保証部は、社内と社外を技術者として中立な立場で全体をまとめる“架け橋”のような存在。顧客のダイレクトな意見を聞くことができるから、顧客の要望と社内の認識のギャップを知り、それを今後の品質改善に活かしてもらうことができる。さらには、顧客から直接「ありがとう」の言葉が聞ける。ビッグユーザーからも「さすが東京応化さん」と言われる。それは品質保証部ならではのことだと思います。
時には厳しい言葉もあるけれど、そのひと言でこれまでの自分の努力と自社の製品力を認められたと実感できる。この仕事をして良かったと思える瞬間です。

奇抜な意見が喜ばれる。
1年目からビッグプロジェクトに参加。

入社して最初に驚いたのは、1年目からビッグプロジェクトに参加させてもらえたこと。もちろん、先輩のフォローもありましたが、新人の自分でも意見が言いやすいし、自分が思うような実験をさせてもらえました。当時は宇都宮工場の製造技術室でしたが、新人の奇抜な意見に対してアレルギー反応がないどころか、むしろ喜ばれるくらいです。そこで大きなプロジェクトのプロセスにバイパスを通すような方法を提案したのですが、その意見が採用され、高く評価されました。そんなことが可能なのは、会社全体がキャリアにかかわらずいい意見は積極的に取り入れるという風土だからこそだと思います。
また、仕事だけではなく、社内に趣味の集まりや旅行などの交流がたくさんあり、部署を越えた結束も固い。特に同期は結束が固く、入社6年目の今も旅行に出かけています。キャリアにものおじすることなく意見が言い合えるのも、仕事以外の場面での交流が盛んだからこそだと思います。

 

H.C.

PROFILE

品質保証部(現所属:先端材料開発二部)
2005年入社
生産工学部応用分子化学科卒

趣味

ロードツーリング

休日の過ごし方

最近購入したロードバイク(自転車)で鎌倉あたりまでツーリング。次は妻のバイクも購入し、一緒にロングツーリングが目標。

一覧へ戻る

このページの上へ